女性には「妊娠適齢期」があるって知っていましたか?
結婚から妊娠・出産の時期、子供は何人欲しいかなど人によっても年齢によっても、皆さま一人ひとりが違う人生の計画。誰もがあたりまえに描く夢を叶えるために、まずは自分の体の本質を知りましょう。

妊娠適齢期を知っていますか?

現在、「結婚適齢期」や「高年初産」という言葉は死語になっていますが、実は妊娠には「妊娠適齢期」があります。
続きはこちら

本質を知って早く目的地へ

現在、不妊症ともいわれる人は10人に1人ともいわれています。一説によれば、そのうちタイミング療法や排卵誘発剤など、"一般不妊治療"といわれる治療で妊娠できる人は4割。
続きはこちら

不妊治療に「まだ大丈夫」はありえない

 不妊治療を不自然なものとして、「自然がいい」というドクターも確かにいます。不妊治療は長くかかるもの、気長に取り組むものだと思い込んでいる人もいます。
続きはこちら

妊娠はゴールではない

仮に皆さまがまだ若くて、卵の寿命に余裕があったとしても、私はやはり不妊治療はなるべく短く切り上げてほしいと思っています。
続きはこちら





卵子のお話はこちら

妊娠の主役は卵ですはこちら

アンチミューラリアンホルモン(AMH)はこちら

アンチミューラリアンホルモン(AMH)検査はこちら


AMHについてはこちらでも紹介しております。



               
               
ページのトップへ