精子と卵子のすさまじいギャップ

 では精子はDNAを持ち込む以外、いったいどんな動きをするかというと、残念ながら精子というのは、ほとんどそれだけなのです。人間の設計図の半分を持ち込んで、卵の新しい生命活動のスイッチをオンにする。それだけです。
 もともと精子はDNAというデータをガッチリ圧縮したようなもので、そこにエネルギー源のミトコンドリアをくっつけて、しっぽをつけただけのものです。
 他に染色体分離のための要素もありますが、DNA以外は、精子が卵子に行き届くためのもので、DNAを無事運び込みさえすれば、あとは用済みです。
 いってみれば精子の良い悪しは、生きているかどうか、DNAが壊れていないかだけです。普通の妊娠や人工授精、体外受精なら、ある程度の数や元気がいいかどうかも関係ありますが、顕微授精では関係ありません。
 卵が単細胞のまま何十年と生き、どんどん数が減っていくのに対して、精子はすさまじい大量生産です。1匹の精子がその大もとから成長するにはやはり80日くらいかかりますが、それでも1秒に数百個くらい、1日に1千万から1億以上の精子を大量生産しています。
 年齢も関係ありません。60代でも70代でも精子は生産されますし、その精子で妊娠可能です。それくらい細胞分裂して毎日どんどんできます。この精子と卵子のすさまじいギャップゆえ、生殖に関しては、決して男女平等ではあり得ません。
逆にいえば、精子に関しては、ヨレヨレであろうが、ほとんど動かない状態であろうが、現代医学ではあまり心配いらないということです。
 実際はヨレヨレの精子だの死にかけの精子というのはあまりいません。成長する段階でちょっとした失敗したような精子というには、精子の形まで成長しないうちに、終わってしまいます。
 一応、精子の形まで成長できたものは、染色体その他の異常はとても少なくて、100個中98個か99個は正常なのです。
 一方、卵は精子に比べると、比較的染色体異常が多いのです。


次は卵巣は貯蔵庫、子宮は培養液



卵子・卵はいつできる?

いい卵って何?

卵巣は貯蔵庫、子宮は培養液

妊娠適齢期は実年齢がすべてじゃない

妊娠のプロセス





               
               
ページのトップへ