不妊治療で一番大切な点は、卵についての正確な知識を持つこと。
一人ひとりの妊娠適齢期の鍵を握るのは、実はお腹の中の卵なのです。
学校の教科書では何ひとつ教えてくれなかった妊娠の真実。
それを知ることから、不妊治療はようやく始まるのです。

卵子・卵はいつできる?

 卵子と精子が受精して受精卵ができるところからすべてが始まる。これはだれでも知っています。でも、その卵についてはかなり錯覚があります。
続きはこちら


いい卵って何?

これはいくら顕微鏡で見ても、外からでは判断できません。それは受精した後、細胞分裂してからの様子で初めて分かります。
続きはこちら


精子の役割はDNA配達

精子はDNAを持ち込む以外、いったいどんな動きをするかというと、残念ながら精子というのは、ほとんどそれだけなのです。
続きはこちら


卵巣は貯蔵庫、子宮は培養液

卵についての話を長くしましたが、では子宮の役割は何でしょう。子宮は受精卵を培養器のように育てるのが役割です。
続きはこちら


妊娠適齢期は実年齢がすべてじゃない

原始卵胞は数に限りがあり、その数を増やすことはできません。
続きはこちら


妊娠のプロセス

妊娠のプロセスについてお話しましょう。子宮があり、その両側に卵管という細い管が伸びています。
続きはこちら





卵子のお話はこちら

「妊娠適齢期」ご存知ですか?はこちら

アンチミューラリアンホルモン(AMH)はこちら

アンチミューラリアンホルモン(AMH)検査はこちら


AMHについてはこちらでも紹介しております。



               
               
ページのトップへ