AMHの値が低いと赤ちゃんは出来にくいの?

 AMHの値は妊娠率との関係はありません。
 「赤ちゃんが出来にくいという事は、卵巣予備能が低い」というわけではなく、なんの治療も受けずに自然妊娠した妊婦さんなどでも卵巣予備能が低い人はいます。
 たとえAMHの値がゼロだったとしても、卵子の数はゼロではありません。血中に分泌される ホルモンの値がゼロというだけで、卵子はちゃんと残っています。
 ただ、「治療に利用できる卵子が残り少ないですよ」という意味です。
 重要な事は、このAMHと妊娠率は関係ないという事。妊娠率に影響するのは卵の質で、たとえ残っている卵が少なくても、30代なら30代なりに、40代なら40代なりの確率で妊娠はします。
 ですから、「AMHが低いから治療をしても無理」と考えるのは間違いで、「AMHが低いから残っている卵子をいかに有効に使うか。その人にとってベストな利用法を考えよう」というのが、この検査の正しい利用の仕方です。

詳しくはAMHとはをご参照ください。

不妊治療のQ&Aのカテゴリ一覧

​ ​


               
               
ページのトップへ