一般的には痛みは続きません(子宮内に血液がたまっているかもしれません。)痛みが変わらなければ受診して下さい。稽留流産だから繰り返すということはありませんが、将来的に流産を繰り返す、習慣流産の可能性はわずかにあります。

 ロラクチンというホルモンが出て乳汁が出ます。次回受診でよいと思いますが、テルロンという薬を処方すると早く止まります。

 流産後少量の出血はよくありますが、本当の生理は1ヶ月ぐらいあとです。習慣流産の定義では、3回以上流産した場合をいいます。

 稽留流産とは胎児が死んだ状態になっても子宮の中に組織が残っている状態をいうので、胎嚢がみえなければすぐ手術する必要はないと思いますが、はやく子宮外妊娠かどうかを見極めたいという事だと思います。子宮内容清掃をしてもHCGが低下しなければ子宮内以外にHCGを出す組織が存在する。すなわち子宮外妊娠という事になります。
 "いきなり"手術という、いきなりとあなたが思ったとしたら医師の説明不足と思います、出血とともに組織が全部出てしまう完全流産は手術を必要としません。組織が残って出血が続く不完全流産や稽留流産は手術が必要です。



               
               
ページのトップへ