プロラクチンは、はっきり流産の原因とはいえないと思います。妊娠してからは高い方がよいという意見もあります。

 異常があるというよりも妊娠しやすければ、次の妊娠をしているはずです。はやく妊娠したいなら一度治療を行った方が良いです。

  流産を何度も繰り返す人は何%かいます。一度の流産の経験が次の流産の原因になるわけではありません。ほとんどの流産は受精卵が悪いためですが、私は卵巣と子宮の血流を良くすることで受精卵の質が良くなったり、子宮内では栄養補給がしやすくなったりなど何か利点があると思います。
 したがって血流改善できるような運動や半身浴等を勧めています。サンビーマーRも血流改善目的で導入しました。時間があれば利用してみて下さい。

 流産のあとは妊娠しやすいといえます。流産した人は、まったく流産の経験のない人に比べ最終的に妊娠できる確率は2倍位になるというデータがありました。つまり流産というのは受精や着床には大きな問題がなく、受精卵の問題ということですので、いい受精卵の場合は流産しないで済むということです。不妊期間が長く、なかなか妊娠しにくい方は流産率が高いと思います。やはり良い受精卵が少ないためと思います。  流産についての私の考えをまとめた患者様用の説明書です。参考にして下さい。


 妊娠判定前および妊娠初期の出血について
1 出血があるとすぐ「流産」と考えがちですが、出血=流産ではありません。
 妊娠初期にはいろいろな理由で出血がよくあります。これは血流が豊富なひとつの証拠でもあります。流産のはじまりとすぐに考えないで、あわてずに次の日に電話して受診して下さい。正常な経過でも出血はよくあります。


2 治療中、腔坐薬を使うと出血することがよくあります。腔坐薬は必要がある場合にしか処方していませんので、出血があっても必ず投与を続けて下さい(出血が多い場合は肛門坐薬としてお使い下さい。肛門坐薬でも血中濃度は十分得られます)。


3 出血がある時は、低用量アスピリン(バファリン81の服用を中止して下さい。バファリン81は血小板の凝集を抑え、出血が止まりにくくなります。ただし、習慣流産治療のために服用中の方は、そのまま服用を続けて下さい。凝血が流産の原因と考えられています。またこの場合は、止血剤は使わないほうがかえってよいと思われます。


4 流産するかどうかは、本来受精卵の成長の過程で決まっています。最近の報告では、流産のほとんどは受精卵の染色体異常といわれています。したがって、薬を飲んだり、過度に安静にすることで流産を防ぐことはできません。念のために止血剤を投与したり、安静を指示することはありますが、受精卵の染色体レベルの異常を修正することはできません。
 患者さんの努力で外からの力により結果を変える事はできません。逆に順調な妊娠を激しい運動により流産させることもできません。一般的に、流産は先に胎児の発育が止まってから、時間を経過し、胎嚢を出そうとして出血がおきます。出血は最後の症状です。したがって流産がすでに始まってしまった出血は止められません。
 当院では、体外受精後は毎週、妊娠経過を観察していますので、出血前に胎児の発育をチェックし、流産を診断しています。多くの出血は、流産と関係のない妊娠中のいろいろな反応の結果生じたものです。経験的にいえば、出血があっても胎児が正常であれば、ほとんど問題はなく、やがて止血して正常に発育します。あわてないで経過を見守って下さい。


 流産は自然淘汰であり、防ぐ必要はないはありません。
人の場合、異常な子ができないように育つのでなく、異常な子は流産で淘汰される仕組みになっています。
流産の最大の原因は染色体異常、その最大の原因は卵の加齢となっています。

流産の原因のほとんどは卵にあります。体外受精で採卵した場合、受精したとしても妊娠できる卵はせいぜい1~2割といわれています。
 妊娠しても、うまく発育できなくて流産します。一般的に10~15%といわれますが、体外受精のように早期に妊娠反応を調べると妊娠反応が陽性になっても20~30%は流産します。流産の原因はお母さんが動いたとか、ムリなことをしたとかではありません。
 精神的ストレスもひとつの原因にはなりますが、一般的に下痢で避妊や中絶をしようと思ってもできません。子宮は良好な受精胚の培養のための器官です。少量出血があっても安静にしていなくても、元気な受精胚は十分育ちます。育たない場合は、ほとんど胎児が奇型で自然淘汰される場合です。ですから胎児が大丈夫なら育つし、胎児が途中でだめになったら流産します。



               
               
ページのトップへ