精巣から精子を採って精子があることを確認してから体外受精・顕微授精に入ります。
 当院では、精子をとる手術は、日帰りで局所麻酔でやっています。費用は施設によりまちまちです。

 FSHが30以上ありますので、睾丸の中のごく一部で精子をつくっているにすぎません。
 私も過去に何人かあなたのご主人のように、非閉塞性の乏精子症で精巣精子採取をしましたが、成績はよくありません。精子をつくっているところがとれない事が多く、逆に運よくとれたら、2度と精子がつくられない可能性もあります。射出精子を凍結し、ためておいてICSI(顕微受精)ができなければ、現在はMicrodissectionのTESE(顕微鏡下精巣内精子採取術(MD-TESE))をしています。
 いずれにしても精子を確保し、ICSIするしかありません。



               
               
ページのトップへ