不妊治療に関するQ&A 不妊治療のQ&A 男性不妊編


不妊治療を進める上で、ポイントとなるのが精液所見で、 精液検査の結果によっては、はじめから体外受精、 また顕微授精が選択されるケースもあります。
 もとの細胞から成熟した精子になるまでには約80日かかるといわれ、 数、運動率とも変動は大きく、4倍以上の差が生じることも頻繁にあり、 既にお子さんを持つ男性でも、WHOの正常精液所見 (量・数・運動率等)をみたしていない方もいます。
 この結果に大きなショックを受ける男性も少なくありませんが、 精液所見は1つの目安であり正常であれば、妊娠が保障される というわけではありません。



 受診はいつでもいいですが、まず、ご主人とよく話し合ってから来院して下さい。EDにはバイアグラがありますし、人工授精をやることもあります
 。しかし、ご主人が積極的でなければできません。よく話し合って下さい。(初診の前に、受診前説明会に参加が必要となります)。

 精子の採取は可能なのでしょうか?可能ならば人工授精も出来ますが、不可能なら精子を採取することを考慮しなければいけません。

 性交がなければもちろん妊娠はしません。性交できない場合、最近はバイアグラという薬が使えるようになりました、精子がとれれば、人工授精でもよいと思います。ご主人と話をされて、ご主人が泌尿器科へ受診されるとよいと思います。当院にも不妊専門の泌尿器科の先生が週1回みえますので、よろしかったら相談して下さい。

 私の手元の資料では男性の精子に関するコメントはありませんでした。しかし、薬の作用から考えると精子は少なくなり、自然妊娠はできなくなる可能性があると思います。
 精子は、ほとんど染色体のかたまりで細胞質が非常に少ないため、薬の影響は非常に少なく妊娠できれば薬を飲んでいても、ほとんど問題ないと一般的に考えられています。影響があれば精子ができなくなります。精子になったものには、異常は非常に少ないと言われています。ちなみにこの薬を服用中の女性は妊娠禁忌です。

 停留章丸は重要です。精子の数が少ない可能性があります。しかし、ご主人はあわてて受診しなくても、奥様の治療中に精液検査をすればよいと思います。

 調べる方法はないと思います。私の治療している閉塞性無精子症の何割かの方はヘルニア術後です。何年も経っていると、つなぐ手術はほとんど不可能です。
 現在無精子症でなく、閉塞性ではないので現在の状態がよくなる事はないと思います(精索静脈瘤が原因でなければ)。

 精子の凍結保存で治療は可能です。その場合、非常に精子が元気であれば人工授精も可能ですが、一般的には融解すると運動率が落ちるので、顕微授精になります。もちろん精子さえあれば、奥様のみで治療可能です。

 当院では精子の凍結をしています。独身でもしています。不妊症以外の方では、白血病の方を内科から頼まれてよく凍結しています。当院で採ってもらっていただいても結構ですが、容器を先にとりに来ていただいて、家で採ったものをどなたか持ってきていただいても大丈夫です。凍結はすぐできます。
 凍結した精子は、一般的には体外受精のうちの顕微授精で使います。凍結代は、1年間1万円で更新制です。体外受精、顕微授精はトータルで35~45万かかります。人工授精でも使用できますが、精子を多く使うのと妊娠率が低いのですすめません。

 凍結処理で顕微授精は可能です。精子は、精巣そのものからの採取になります。精巣上体も可能なら穿刺します。

 凍結し、液体窒素の中に入れてあれば、何年でも大丈夫です。

 凍結精子でも融解後、運動精子があれば受精率はまったくかわりません。一般的には40~50%生き残り、運動性を保つことができるのですが、精子数が少なく弱い場合は、全部不動化することがあります。

 精巣から精子を採って精子があることを確認してから体外受精・顕微授精に入ります。
 当院では、精子をとる手術は、日帰りで局所麻酔でやっています。費用は施設によりまちまちです。

 FSHが30以上ありますので、睾丸の中のごく一部で精子をつくっているにすぎません。
 私も過去に何人かあなたのご主人のように、非閉塞性の乏精子症で精巣精子採取をしましたが、成績はよくありません。精子をつくっているところがとれない事が多く、逆に運よくとれたら、2度と精子がつくられない可能性もあります。射出精子を凍結し、ためておいてICSI(顕微受精)ができなければ、現在はMicrodissectionのTESE(顕微鏡下精巣内精子採取術(MD-TESE))をしています。
 いずれにしても精子を確保し、ICSIするしかありません。

 禁欲で正常値に近づく事は、常識的には無理です。乏精子症で精子を増やすよい方法はありません(例外として精索静脈瘤があるときのみ、よくなる可能性があります)。
 治療法が顕微授精です。当院では多くの人が顕微授精ですし、中部地方のほとんどの県から患者さんはみえています。1回の採卵で平均35~40%が妊娠しますが、初回の人は半分以上1回で妊娠します。

 運動精子が140万というのは、やはり顕微授精になると思います。もともと100万以下を最初の適応としていますが、運効率が9・8%と非常に悪いので顕微の方がよいでしょう。ただ検査まで時間をかけ過ぎで、運動率が悪いかもしれません。
 乏精子症に対する薬物療法で非常に効果のあるものはありません。唯一、精索静脈瘤があって手術したあと著しくよくなる人はいます。一度、泌尿器科で精索静脈瘤をチェックされた方がよいかと思います。精子所見は、数倍かわることはありますが、数回やって同じような結果なら少なくとも自然妊娠は常識的に考えてありません。

 当院では日帰り(月曜の午後に泌尿器科の先生と)で行なっています。生検というよりも精子がとれればそのまま凍結して保存しています。生検で精子が見つかっても、その精子はあとで利用できない為、精子がいれば2回切ることになりますから、検査だけで切るのはバカらしいと思います。
 したがって、私は生検を行っていません。

 ご主人の精子は、痛風の薬のせいだったかもしれません。精子はできるのに80日くらいかかります。したがって、また、何回も精液検査した方がよいでしょう。

 精子の奇形率、奇形精子と障害児とは全く関係がないと思っています。私は1993年から、名大では1995年から、男性不妊の方のために顕微授精を自分の手でやっています。数が少なくても受精卵を作ることは問題ないし、赤ちゃんはいっぱい生まれています。

 今のところ、インフルエンザウイルスについては、妊娠との関係で特に悪い事はいわれていません。インフルエンザの流行と胎児奇形等についても、何もいわれていません。心配いらないと思います。

 脳下垂体ホルモンのFSHで、ある程度予想できるという事です。原因はわかりません。精子が少なめというのと、無精子症というのは別と思っています。ちょっと注意すればよくなるというものではありません。Gパンとハンバーガーは関係ありません。

 精子が少ない場合は、その少ない精子を効率よく利用するために、人工授精、体外受精、顕微授精等をします。現在、精子を簡単に増やす医学的に証明された薬はほとんどありません。

 精子が出て来る可能性は、十分あると思います。今まで少しだけ精子のいる人でたまたま採卵の日は0という人もいました。急になくなる方が不自然で、普通そんなに急に変化することはありません。精子さえあればできますので、時々検査して下さい。

 男性不妊の検査は、精液検査が基本です。3割負担で1180円です。保険適用です。

 医学的・科学的に精子の所見を確実に向上することが証明された治療法はありません。運動に関しては、精子に直接ペントキシフィリンやカフェインをかけると、運動はその場でよくなります。しかし、薬を飲んでも精巣の局所で、それだけの薬の濃度を上げることはほとんどできません。
 少ない精子で妊娠可能となる、体外受精・顕微授精が発展してきました。ご主人に対し、一番の特効薬は「奥様の笑顔」と、私は信じています。
 精子の所見は非常によく変化します。射精していない禁欲期間が長くなると、運動率は低くなってきます。運動率の低い方は2~3日ためても、だんだん運動率は悪くなります。生ものですので、ためたら古くなります。精子の少なめの人、運動率の低い人ほど、2~3日ごとに射精 して下さい。人間の体は使ったほうが鍛えられ、機能が向上します。食事に気をつかうより、仲良くSEXできるよう気をつかって下さい。

 科学的に証明された精子を増やす薬はありません。一方、精液の所見は、普通何もしなくても4~5倍は変化します。したがって1回ではわかりません。
 また、基準値もWHOの一番あまい基準からいろいろあります。精子を簡単に増やせたり、少なくさせられるなら、不妊治療や避妊は非常に楽になるはずです。現在、我々ドクターは、科学的エビデンスに基づいて治療しています。薬はいいかげんな効能を表示できませんが、食品は野放しで外国人が日本に来ると「ガンが治る」とか、めちゃくちゃな広告にびっくりします。精子に関しては、その精子にあった治療をすすめるという事が科学的です。

 疲れていても妊娠できるときはできます(ほとんどの人は...)。ストレスや睡眠不足など、体に悪いことが続けば、精子の状態は悪くなるかもしれませんが、逆に仕事が楽になっても、もともと精子の数の少ない人は増えません。男性不妊はほとんど治療の必要がない、治療してもムダで効果が上がらない事がわかってきました。それで、精子を増やすよりも、少ない精子を利用する体外受精・顕微授精が発達しました。
 また精子がよくても妊娠しない事もいくらでもあります。数が少なくても妊娠している例もあります。要は「数さえあれば大丈夫」という単純なものではありません。不妊原因の多くは、もっと奥深くわからないものです。

 500万以下だと不可能ではありませんが、限りなく不可能に近いと思います。私のところで、1千万以下では十数年間で3人ぐらいしか自然妊娠していません。

 液は、最初は白色で、2~30分で透明に近くなります。いずれにしても精子があるかないかが重要ですので、一度泌尿器科で検査した方が悩んでいるよりいいと思います。奥様が受診していれば、産婦人科でもかまいません。

 そんな事はありません。精子はコピーをするように毎日1000万以上作られています。限りがあるのは卵の方です。



               
               
ページのトップへ