初回でダメな人が2回目、3回目とやっていくわけで、妊娠しやすい人はすぐ妊娠できます。当院では顕微授精が多いのですが、採卵周期あたり35~40%の妊娠率を維持しています。良い時は40%を超えます。
 凍結も同様の成績です(凍結は1回移植してダメな人に対してですが、着床の条件がかわるので、むしろ妊娠率は良いと思います)。初回の人が半分以上妊娠しなければ、全体の40%は維持できません。
 1回採卵し、その回と凍結と2回移植できれば、かなりの人が1回の採卵で妊娠できます。

 顕微授精の受精率は70%以上、受精した卵の90%くらいが卵割します。妊娠するかどうかはケースバイケースで、一番大きな要因は妻の年齢です。初回、20才代の女性なら1回で40%以上は妊娠できるでしょう。
 40才代ならせいぜい数%と思って下さい。
 何度もやって妊娠しない場合は、次回の妊娠率も低くなります。妊娠率に精子所見、男性の年齢は全く関係ありません。

 成功する確率は、妊娠しやすさで全々違います。20代なら40~50%、40代なら5%ぐらい、全平均でうちは35%以上です。もちろん妊娠しやすい人は1回ですぐ妊娠しますし、中には5回でもダメな人もいます。
 期待される妊娠率は女性の年齢や疾患等により、ひとりひとり違います。全平均が30%であっても1~2回で多くの人が妊娠し、何回かやっても妊娠できない人がいて平均がそうなるのであって、誰でも3~4回やれば妊娠するという意味ではありません。



               
               
ページのトップへ