注意すべきものは、排卵誘発の結果起こる、卵巣過剰刺激症候群と静脈血栓です。前者は放っておくと脳梗塞や心筋梗塞を起こす場合もあります。

 専門のドクターのもとで治療をしてください。現在では超音波検査や血液検査で事前に対処することができますし、薬の選択が広がって、排卵誘発できます。

 静脈血栓は妊娠時に非常によくできるもので、薬の副作用では頻度は少ないものです。血栓で怖いのは脳卒中や心筋梗塞などの動脈血栓であって、静脈血栓ではありません。

 その他、排卵誘発すると閉経が早まる、卵巣ガンが多くなるなどの声がありますが、そういう報告や証拠は現在はありません。


 本来膣内に射精される精子を採取して、人工的に子宮に注入し体内受精を促す方法を人工授精といいます。
 それに対して、体外受精と顕微授精は本来体の中で起こる受精現象を、人工的に体外で起こさせるものです。人工授精までは、精子と卵子の出会いを助けるだけですが、体外受精と顕微授精は卵子と精子を取り出して受精卵までつくってしまいます。
 一般に体外受精と呼んでいるのは媒精という方法で、採ってきた卵に精子をふりかけて、精子が自然と入っていくのを待ちます。そして受精卵ができて順調に分割したら、子宮に戻します。体外受精は、卵1個に対して10万から20万匹の動いている精子が必要です。
 顕微授精も正確には体外受精の一手法ですが、体外受精とは別に独立して呼ばれるようになっています。その違いは受精のさせ方です。
 顕微授精はその名の通り、顕微鏡下で卵の中に精子を1匹ピペットという細いガラス管で捕まえて注入し、受精卵が出来た後は、体外受精と同様に培養して子宮に戻してやります。
 顕微授精では、体外受精でクリアできなかった受精障害をはじめ、卵1個に対して精子1匹あればいいので、男性不妊の障害もかなりクリアできます。

 私も簡易体外受精は行っています。年間、約300~400採卵ぐらい施行しています。しかし、当クリニックではその2倍、通常の体外受精を施行しています。私は患者様一人ひとり、何か合うかわからないという発想で、何でもできる体制にしています。その中から、一番良いと思うものを選択しています。ドクターそれぞれ考え方が違います。治療法も違います。  私は結果にこだわっています。すなわち、高い確率で早い妊娠を目指しています。しかし、ステップアップは無視していません。患者様一人ひとり、みんな反応が違うことを前提としています。  通常の体外受精は、毎周期やらなくても2周期で6割以上の方が妊娠しています。ドクターもいろいろです。いろいろ経験して下さい。


 以下は当院での説明書です

◆クロミッド(クロミフェン)採卵について

①方法と適応
 通常の体外受精卵巣刺激法(ロング法、ショート法、アンタゴニスト法、ER〔エストロゲンーリバウンド〕ショート法)以外で、クロミフェン(クロミッドーセロフェン) やレトロソール (レトロッツ)の内服薬に、HMG注射を少し加えた刺激で採卵する場合を、当クリニックではクロミッド採卵と呼んでいます。簡易体外受精とも呼ばれています。
 何も薬剤を使用しないで採卵する場合を、自然周期採卵と呼んでいます。自然周期採卵は、一時英国では妊娠率が低く患者様のメリットが少ないということで禁止されたことがありました(1周期あたりの妊娠率は、はるかに通常の体外受精の方が高いので、まず通常の体外受精を優先に治療を考えます)。
 そもそも当クリニックでのクロミッド採卵は、通常の体外受精でうまく卵が採れない人を対象にはじめました。卵がうまく採れないというのは、卵巣の機能が低下(年齢的に低下〔更年期に近い〕、卵巣の手術による機能低下、子宮内膜症による機能低下、体質〔遺伝子の異常等〕や病気による機能低下、早発閉経〔早発卵巣機能不全〕)等により、注射を多く打っても卵が育たない場合です。

 現在では、少し対象範囲を広げて次のような方をクロミッド採卵の対象としています。

◇卵巣機能が低下し、通常の体外受精卵巣刺激ができない方(注射で卵胞の発育がみられない)
◇通常の体外受精卵巣刺激はできても、成熟卵が2~3個しか採れない方(注射を多量に打ってもそれだけの効果がなく、注射の費用がかかり、患者さまへの経済負担がかかると考えられる場合)
◇通常の体外受精を数回繰り返しても妊娠できなかった方(刺激を変えることにより卵が質的に変化してほしい、という願いから刺激法を変えてみる)
◇PCO(多嚢胞性卵巣症候群)で卵ができ過ぎていつも全凍結になり、しかもその凍結受精卵融解胚移植で、数回の移植にも関わらず妊娠できなかった方


②クロミッド採卵のデメリット
 クロミッド採卵は、しばらく続けることになります。卵は通常80~85日、約3ヶ月かけて成熟します。卵巣機能が低下している場合、毎月刺激していないと卵の育ちが悪くなります(普通の卵巣機能の方はいつでも卵が発育しているので、いつでも採卵を開始できますが、逆に採卵で多数の卵を採るので、そのあとは刺激を休まなければいけません)。
 通常の採卵(ロング法、ショート法、ERショート法)では、排卵しないようにQRHアゴニスト(イトレリンーブセレキュア等の点鼻薬)を使用します。クロミッド採卵では、通常排卵前にHCGを打ち、約36時間後に採卵しますが、排卵の内因性反応(LHサージ)を抑えていないので勝手に排卵の反応が起こることがあり、場合によっては採卵前に排卵が起きていることがあります。直前にaRHアンタゴニスト(セトロタイド)を使用し、排卵を抑えることもできますが、間に合わない場合もあります。卵胞が大きくて12~24時
間後に採卵をしたこともありますが、結果はよくありません。
 採卵できそうな卵胞があっても、100%確実に卵が採れるわけではありません。卵巣機能が低下している場合、卵が採れてもすでに使用できない変性卵の場合もあります。
 以上のような理由により、クロミッド採卵では約20~30例にI例くらい排卵のために採卵できません。また、採卵できても受精卵が得られない場合もあります。


 妊娠率は男性には関係なく、女性の年齢にいちばん影響されます。体外受精では、一般的に40才を過ぎると妊娠率は数%に落ちてしまいます。
 月経周期3日目(生理中3日目)の血液検査でFSHやAMHを測定すると、ある程度卵巣の予備能力がわかります。

 通常、不妊症治療1年半ぐらいで、体外受精するようにしています。不妊治療、たとえばタイミング、クロミッド、hMG、AIH等各々5~6周期のうちに妊娠できなければ、次のステップに進みます。
 半年以上同じ治療を続けてもあまり意味がないと思いますが、それはすべてうまく排卵しての話ですので、排卵できてなければ、治療周期と数えません。当院では、他院からの紹介や体外受精希望の方で適応があれば、すぐ体外受精をすることは可能です。

 当院では説明会を行っていますが、ひととおり説明するのに1時間はかかり、簡単に説明するのは難しいです。もともと体外受精は、体外受精以外の不妊治療で妊娠できない場合が適応されます。
 体外受精は女性から排卵誘発剤を使って卵をとって体外で受精卵をつくり、子宮にもどす方法で、費用は当院では体外受精だけで15~40万、薬剤費等で10万くらいかかります。成功率は女性の年令等により大きく違います。というのは1回で妊娠する人から、数回でもダメな人までいろいろです。常識的には1回で30~40%妊娠します。妊娠率はいちばん女性の年齢に依存します。
 リスクは特にありませんが、排卵誘発剤の副作用で点滴治療が必要な場合があります。



               
               
ページのトップへ