平均的な採卵数は?最高齢は?

 ICSIを何回、というのは普通の採卵の場合で、いわゆるロング法とかショート法、あるいはGnRHアンタゴニストを使った刺激周期のことを言っています。
 通常の体外受精・ICSIでは、採卵4回までに、7割以上の方が妊娠します。クロミッド採卵は、通常の卵巣刺激ができなくなった患者様を対象に行っています。
 実際に卵が採れた方は50歳近くまでいますが、当院で妊娠した最高年齢は47歳です。(この方は出産まで至らずに流産されております。)
無事出産までされた方は45歳で妊娠し46歳で出産されたのが最高齢です。
 クロミッド採卵をする方のうち何割かは早発閉経気味で、年齢は更年期になっていなくても、生理はあがってしまいそうな人です。いわばクロミッド採卵は、崖っぷちでなんとか踏みとどまり、妊娠できる卵の出現を待つものです。どんな治療も成功の保証はありません。いつまで続けるかも決まっていません。医学的には妊娠できる卵が卵巣からなくなった時がやめる時と思うのですが、それがいつかはわかりません。
 患者様の自己判断では、治療をしたことで後悔する度合いが、治療をしないことで後悔する度合いを上回った時がやめる時と思います。つまり、自分の後悔が一番少ない形で終了していただきたいと思います。しかし、それもメータがついている訳ではないので、当事者も判らないと思います。

不妊治療のQ&Aのカテゴリ一覧

​ ​


               
               
ページのトップへ