初診からどのくらいで体外受精に?

 通常、不妊症治療1年半ぐらいで、体外受精するようにしています。不妊治療、たとえばタイミング、クロミッド、hMG、AIH等各々5~6周期のうちに妊娠できなければ、次のステップに進みます。
 半年以上同じ治療を続けてもあまり意味がないと思いますが、それはすべてうまく排卵しての話ですので、排卵できてなければ、治療周期と数えません。当院では、他院からの紹介や体外受精希望の方で適応があれば、すぐ体外受精をすることは可能です。

不妊治療のQ&Aのカテゴリ一覧

​ ​


               
               
ページのトップへ