不妊治療に関するQ&A 不妊治療のQ&A 排卵誘発編


排卵がうまく行われない、または体外受精において良質な卵子の数を 確保する事が困難な場合等、卵巣刺激をします。
 卵巣刺激の方法には、大きく分けて内服薬と注射薬の2種類の 排卵誘発方法があります。
 内服ではクロミッド法、注射薬では、ロング法、ショート法、 アンタゴニスト法、エストロゲンリバウンドのショート法などがあり、 アンチミューラリアンホルモン(AMH)の数値、個々人の年齢、卵巣の状態、 過去の治療方法などにより変更します。



 申し訳ありませんが、漢方だけの方の治療はしていません。
 私のところへ来る方の多くは他院で治療されて、そのあと、さらに体外受精等のより高度な治療を希望されて来院されます。したがって、そういう方のみですでにいっぱいです。
 現在、我々医師はEBMといって、科学的根拠のはっきりした治療を行なうようになってきています。したがって、漢方薬等のいわゆる代替医療はきちんとしたエビデンスがないため、本来、不妊治療の対象とはなりません。私は、漢方を使っていなかったわけではありません。しかし、漢方は保険点数が高いわりに効果がはっきりしません。保険点数をむやみに上げるわけにいかないので、効果のはっきりしない治療からやめています。

 ざくろのジュースはエストロゲン(女性ホルモンのうちの卵胞ホルモン)が含まれていると思います。多くの自然界の植物には女性ホルモン様物質が含まれています。環境ホルモンといわれるものの多くも女性ホルモン作用が問題になります。
 一般に排卵が順調にあるような人は、もともと自分のホルモンの方が圧倒的に多いので関係ないと思います。女性ホルモンが欠乏して調子の悪い人には良いかもしれません。いずれにしても高いお金を出して、頑張って飲む価値は今はないでしょう。お金が余っていたら使って下さい。
 以前、ざくろジュースをがぶ飲みしていた人がいましたが、エストロゲン値が思い通り下がらず体外受精のスタートができませんでした。「過ぎたるは猶及ばざるか如し」です。

 葉酸、ビタミンB12は血液を作るもとになります。貧血の予防にもなりますので構いません。そんなに不足するビタミンでもないので、無理にお金を出してまで服用する必要はないかもしれません。ビタミンAは脂溶性ビタミンですので、ちょっと注意して下さい。ビタミンB、ビタミンCはかまいません。

 現在は情報過多になっています。健康食品は詐欺まがいのものもたくさんあります。あまり、いろいろな情報に振り回されないで下さい。  「妊娠の本質は、良い受精卵が子宮内で発育すること」ですので、少々何かを飲んで劇的に良くなる、などということはあまり考えられません。本当に良い物ならば何年も消えずに続きます。一時的なブームで終わるものは本物ではありません。次は、私が以前に書いたサプリメントについてのコメントです。
 サプリメントについての質問もよくありますが、医学的データがなく十分なお答えはできません。マカ、ざくろジュースには、女性ホルモン様物質が多く含まれていると思います。
 漢方薬も同様ですが、高いお金を払っただけの効果があるとは思えません。ビタミン類は、ビタミンAの取りすぎ(1日1万単位以上)にだけ注意して下さい。また、葉酸は神経系の奇形防止に効果があり、積極的に服用して下さい。

 私は、ステロイドは悪いと思っていません。ステロイドは大量に使う場合と少量の場合で大きな違いがあります。また、男性ホルモンも女性ホルモンもステロイドホルモンです。「ステロイドを使うと不妊になる」というのは、あまりにも大雑把でいい加減な表現と思います。
 私は、体外受精の時に着床が少しでも良くなればと思い、プレドニソロンというステロイドを服用してもらっています。

 この質問にはいろいろ答えなければいけないことがあります。いろいろな問題が含まれているので箇条書きにします。

1 何か異常が起こることがわかっている薬は、基本的にわかった時点で発売中止です。女性であればいつ妊娠するかわからないのが普通ですので、薬を飲んで妊娠してはいけない薬を普通は処方しません。そういう意味で通常量を普通に服用しているなら大丈夫です。


2 妊娠すれば普通2~8%位、いろいろな奇形があると言われています(アザなどをどのくらい含めるか?外表奇形だけでなく、詳しく調べ内臓の奇形も加えるかなどでパーセンテージは変わってきます)。日本では過去にサリドマイドの事件があり、薬で子どもに奇形が発生するという固定観念が強すぎる国になってしまいました。したがって、他科のドクターは無用に恨まれたくないために「妊娠している」「妊娠する予定」の患者さんに薬を処方しないようにしています。私も2年間内科医をしていましたので、そういう発想で「責任が持てないから処方できない」という立場をとっていました。どのくらい影響があるか勉強しようという内科医や外科医、歯科医もほとんどいないと思います。
 何も薬を飲んでいなくても、何も悪いことをしていなくても奇形は発生します。何か原因かと悩むわけですが、実は偶然に近いことが多いと思います。防ぎたいという気持ちはわかりますが、我々の体はいろいろ偶然(ラッキーの連続)で成り立っているように思います何か不具合があり、奇形が生ずれば、ほとんどが流産になっているはずです。一部の命にかかわりのなかった小さな奇形のみが生まれてしまいます。また、奇形も個性も同じものを表と裏で見ているように思います。


3 いずれにしても「子どもが欲しいなら花粉症ぐらい我慢しなさい」というドクターは、私には許せません。顔はニッコリ笑って、だまって帰ってきたほうがよいと思いました。妊娠してもよい治療もまじめに考えるべきです。


4 ダナソールは免疫を抑制する作用がありますので、服用している間アレルギーは少しはよくなるはずです。


5 現在日本では、一番安全とされる薬には「薬の有益性が危険性を上回るときのみ投与して下さい」と書いてあります。有益性、危険性はどこで何を基準に計るのか、ドクターの私にも全くわかりません。つまり「何かが起こったときにはドクターの責任ですよ」「製薬会社は何ひとつ安全と言っていませんよ」というスタンスで、すべて貫かれています。したがって必要な薬(薬を飲んでいないと奇形が増えることがわかっている薬も飲まれないため)をちゃんと飲むように、妊娠中に飲んでもよい薬のリストを厚生労働省は作成中です。


6 過去には「風邪薬を飲んでいるので中絶したい」という患者様もいましたが、「風邪薬を中絶の理由にするな」と私は言いたいと思っていた時期がありました。


7 内科医から「責任がもてないから人工中絶したほうがよい」と言われた人もいました。"もってのほか"です。

 だんだん過激になって、怒りが込み上げてきそうなのでやめます。


 寝る前に服用するのは、プロラクチンが睡眠中に高くなるからです。寝る前に少量服用し、服用開始当初の吐気以外、ほとんど副作用がないと思っています。また、副作用の強い人には、半分に割って飲めるように割線がついています。

 黄体ホルモンですが、少し卵胞ホルモン作用のある黄体ホルモンです。今回はっきりうまく排卵がとらえられず、また内膜も薄めなのでノアルテンにしました。

 内膜を厚くする貼り薬というのは、エストロゲンの貼り薬です。これは今まで注射でなく、プレマリンという錠剤で飲んでもらっていました。IVFだけでなくPCOの排卵しにくい人にも使っています。何も新しいものではないのですが、最近またよく使っています。この貼り薬の方が飲み薬より、より純粋なエストラジオールであるため、よいのではないかと思い使っています。これは、今のところいつも使うというものではありません。IVFか排卵障害の人、内膜の薄い人に使います。

 そういうふうに書いてあることは、承知で出しています。というのは、ほとんど薬がそうだからです。不妊症で使う薬のほとんどそうです。というのはPL法ができてから特にひどくなったと思いますが、厚労省も製薬会社も責任のがれで何でも書いてあります。
 逆にヒトの妊婦に服用させて安全性を確認することは不可能ですし、安全性が確認されたと記載された薬品は、多分まったくないと思います。その通りにしていたら、不妊治療は全くできません。体外受精の培養液や器具にいたっては、ヒトに使うなとか実験用としか書いていませんが、体外受精用として販売されています。すべて責任のがれです。
 プレマリンについては多分40~50年の歴史があり、世界でもよく使われているエストロゲンです。ほとんど唯一の内服のエストロゲン剤です。したがって不妊症や体外受精で、とくに凍結受精卵を移植する時の世界の定番の薬です。エストロゲン(卵胞ホルモン)はまったく同一ではありませんが、女性が卵巣内で作っているホルモンです。
 特に卵胞が育つときに高くなります。現在の日本の医療の根幹は責任のがれです。どんな薬でも量が違えば毒にも薬にもなります。私は自分の責任で、患者さんに薬を投与しています。その本で妊娠する可能性のある不妊に対して、安全性が確立された薬をさがしてみて下さい。

 エストラダームもデュファストンも、非常に多く使われる薬です。特に排卵させずに凍結卵を融解胚移植する場合は、これらの薬とプロゲステロンの座薬のみで妊娠を維持します。
 妊娠4週~7週に卵胞ホルモンが少なければ、流産の原因になります。卵胞ホルモンも黄体ホルモンも専門家が適正に使うことが重要です。
 日本の薬の説明書は、何年・何十年も改訂されていないことが多いと思います。妊娠中に使った方がいい、妊娠中に使ってもよいと書かれた説明などはありません。

 デュファストンは、天然型のプロゲステロンで問題ありません。

 下垂体の内因性ホルモンの分泌を、ある程度抑えるのが目的(抑えすぎるのもよくない)ですので問題ないと思います。3日目にエコーでみて、ホルモン値も計りますので、心配しなくてもいいと思います。

 ブセレリンは一時的にホルモン値をあげるので一度出血することもあります。2時間ぐらいの時間のずれは関係ありません。
 注意をしていただきたいのは、こうしたホルモンの治療で症状はよくなりますが、その後、妊娠しやすくなるというエビデンスがないことを承知で治療して下さい。妊娠率がよくなると言われたら、間違いです。

 注射中はE2(エストラジオール)が上昇し、もちろん注射中のFSH、LHは注射の中身ですので、当然高くなっています。したがって、治療中にブセレキュアやイトレリンが効いているかどうかわかりません。
 たれて出たり、鼻がつまっていたり心配なときは、もう1回使ってもまったく問題ありません。忘れたときも、気がついたときに遅れてもよいですので使って下さい。2回使ってのデメリットはありません。

 スプレキュアが効かない場合もあります。ピル以外にも薬を服用してもかまいません。点鼻薬を使わないGnRHアンタゴニストの方法もあります。

 基本的にダナソール服用中は、排卵がなく妊娠しません。妊娠する場合はダナゾールの効果が不十分で排卵するためですから、普通の妊娠と基本的にかわりないでしょう。

 ボンゾールはもともと子宮内膜症の治療薬です。

 少量の出血は問題ありません。心配しなくてよいと思います。

 ドオルトンは通常3週間服用し、終了後3~5日で生理になります。ですから服用を終了してから、生理の3日目にFSHを測って下さい。

 ドオルトンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤ですので、最初から体温は高くなります。体温は高温で一相性です。黄体ホルモンで体温が上がります。

 ピルは、一般的な避妊用のピルのことです。資料には、高温期中期から鼻の薬を使うと書いてありますが、最近プロトコールを変えました。治療前の周期は、排卵させずにピルを服用した方がキャンセルになる率が少なく治療がうまく行きます。
 ピルを生理5日目から服用し、生理21~22日目頃よりGnRHアゴニストの鼻の薬を使います(現在は体外受精前の治療はピルではなく、ホルモン剤で、個別に卵胞ホルモンと黄体ホルモンを調節しています)

 ドオルトンは、昔の中用量のピルです。卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤で排卵させず次周期のために飲みます。カロリーがあるわけではないので、食べすぎなければ太りません。

 メルビン・メトホルミンは、昔から血糖改善の薬ということになっています。20年以上前から重症の糖尿病の人は多嚢胞性卵巣(PCO)で排卵障害があることがわかっていました。糖尿病の何らかの影響で、排卵障害となっているものと思われます。その病態とPCOの病態に共通点があり、メトホルミンを使用することにより排卵障害が改善されることがわかってきました。
 私は、もう6年位前からメトホルミンを使用しています。ここ3~4年の間に、メトホルミンとPCOに関しておそらく何百という論文が出されたと思います。以前はPCOの排卵誘発に苦労していました デキサメサソンや勢薬甘草湯、柴令湯などを使用していましたが、ほとんど効きませんでした。数年前にメルビン(メトホルミン)を試したとき、これはPCOのファーストチョイスになると思い、それ以来ずっと使用しています。もちろん血糖降下剤となっていますので、糖尿病の専門家に相談し使用しはじめました。実際、血糖は健康な人は下がりません。インスリンの末梢での感受性がよくなります。排卵のみでなく、現在では流産の予防にもよいというエビデンスも出されています。
 一番の欠点は、正式に排卵誘発の適応が日本では通っていないので、「適応外の使用」すなわち保険がきかない自費になるということです。これほどはっきりしたエビデンスがあるにもかかわらず、製薬会社は昔の薬ですでに薬価が安いため、排卵誘発の適応をとるための治験を何億もかけて行なう気がありません。困ったことですが、何十年も前のままの説明書が「妊娠している方」「妊娠する可能性のある方」に対して禁忌となったままです。
 不妊症の世界は、大きく変わりました。1978年より体外受精、1992年より顕微授精がは じまっています。体外受精がはじまる前に書かれた薬の説明書を信用し、せっかくの良い薬を使用する機会を潰さないようにお願いします。

 血流を問題としていますので、何回サンビーマーをやればこれだけ効果がでるというものではありません。
 昔は私も半信半疑でしたが、反復不成功の方が妊娠することでひょっとしたら「やっぱりいいのかなあ」と思い始め、勧めるようになりました。
 骨盤の血流の問題ですので汗をかく、かかないというより体全体がほんのり温かくなればよいと私は思っていますが、温度も上げて試して下さい。

 ET以後のサンビーマーの使用については、データがありませんので判断できません。遠赤外線が胚に悪影響を及ぼすとは思えませんが、今まではデータがないので、一応「原則ETまで」という事にしていました。現在は、自己責任で自由にやっていただく事にしました。
 現在の私の考えでは、ET後も続けたほうがいいと思うようになりました、流産の原因の中に、やはり子宮の血流が大きく関与しているというデータが増えています。したがって血流をよくするサンビーマーは、結果的に流産率を一部下げるのではないかと思います。3ヶ月というのは卵の成長の1単位ですので、私としては半年位続けていただきたいと思います。

 不妊治療で使うホルモンは、もともとあるべきホルモンが少ない人に対して出していますので、心配はいりません。
 もともと体内から出るホルモンを補うのを目的としています。外来の薬剤とは意味が違います。
 ちなみに不妊治療が体に悪いと考えている人がいますが、女性にとってその何倍も何十倍も体に悪いのは妊娠・分娩です。妊娠中は、薬どころではない多量のホルモンが出っぱなしになり、心臓、腎臓、肝臓すべてに大きな負担がかかります。不妊治療で心配なら妊娠はやめた方がよいと思います。

 当クリニックでは以前より自費の負担が少なくなるように、ジェネリック薬品を使用しています。自費だけでなく、保険でも安くて良いものがあれば変更しています。
 一方、注射薬剤は卵の質に直接かかわってきますので、良質で高いものをできる限り安く供給しています。



               
               
ページのトップへ