夫婦生活の回数が減ってしまいました

 タイミング療法をいうのは、医学的にはほとんど何も行っていないに近い治療、と思っています。したがって、私は重視していません。排卵している人なら、その前に妊娠しているはずです。私は患者様が言うように、それで夫婦生活がギクシャクするなら逆効果と思っています。精子は体の中に入れば、2~3日は生きています。
 したがって、週2~3回性交があれば、いつ排卵しても生きた精子と出会うチャンスがあります。逆に精子は、3日以上貯めても所見はだんだん悪くなります。
 人の体は使わないと退化しますので、私は3~4日に一度性交し、精子も常に新しい方がよいと考えています。性交は3~4日に一度、楽しくしてほしいと思います。この日が排卵というプレッシャーは、男性も頭でわかっていても気が乗らない原因になります。
 ストレスを緩和させる特効薬は、私は"奥様の笑顔"と思っています。
 「今日、排卵日だから・・・」と仏頂面で言われたら、ナイーブな男性は冷めてしまいます。男性は、女性が思っているよりずっとデリケートです。また、性交がうまくいかない場合は大きくプライドが傷つけられ、そのストレスでインポテンツ・EDになってしまいます。男性がその気になるかは奥様の態度によります。2人で仲良く頑張りましょう。

不妊治療のQ&Aのカテゴリ一覧

​ ​


               
               
ページのトップへ