体外受精も無理でしょうか?

 顕微授精専門家の私の意見では、この「精子のDNA検査をして結果が悪く、体外受精をあきらめる」という内容がよく理解できません。説明不足か誤解と思います。精子の中には異常な精子もありますが、現在の検査ではその割合は非常に低く、通常1%以下です。異常が多いとされる場合でも2~3%です。
 いろいろな事で異常があれば精子ができないのが普通で、精子にちゃんとなったものの染色体の異常は、極めて少ないと考えられています。
 染色体でロバートソン転座があったり、XXYのクラインフェルター症候群、また全不動精子となるカルタゲナー症侯群等においても、私自身は正常妊娠例を経験しています。
 ひと昔前なら「あきらめましょう」という染色体異常も、現在はなくなってきています。精子があるのにあきらめる意味が私にはわかりません。
 精子のDNAの傷つきの程度によって、顕微授精の結果が影響されるという研究もありますが、いろいろ異常があれば、途中までしかうまくいかず、自然淘汰され、うまくいっても流産になると思われます。

不妊治療のQ&Aのカテゴリ一覧

​ ​


               
               
ページのトップへ