結論から言うと股を触る癖で卵管は詰まりません。全く関係ないと思います。いずれにしても悪いと思って悩むことのほうが精神的に悪いかもしれません。物心がつく前に癖になるのは問題かもしれませんが、大人になってからは正しいオナニー、マスターベーションは必要と言われています。正しいというのは、普通の性交の準備という意味で間違ったマスターベーションは刺激が強すぎて正しく性交できない、性交で快感が得られないということにつながり、夫婦生活に支障が出ます。
 現在、間違ったマスターベーションで多くの男性が腔内射精ができなくなっています。私は触ること自体悪くないと思っています。むしろ、すごく叱られたことがトラウマになっているかもしれません。そんなに悩むことではないと思います。

 骨盤内炎症のために卵管がつまっていたり、卵管の周囲が癒着していたりする可能性がありますので、まず、子宮卵管造影検査をすべきと思います。
 10年前とくらべれば、妊娠のしやすさは2分の1~3分の1ぐらいになったと思います。少しずつ精液検査やその他の検査や治療をすすめていくべきでしょう。

 開口術をしたところが簡単に閉鎖したという事でしょうか?
 卵管水腫の場合は水腫の程度にもよりますが、体外受精でも妊娠率が低くなります。全然妊娠しなくなる訳ではなく、低くなるだけです。水腫の中の炎症性の液が腹腔内へ出ていけず、子宮内へ逆流するので着床の妨げになると言われています。


 卵管が普通で詰まることはまずありません。 腹膜炎とかクラミジア感染や帝王切開等の手術後の癒着以外はほとんど心配ないと思います。



               
               
ページのトップへ