それは錯覚です。確かに医学が進み、平均寿命も延び、出産の危険も小さくなっていますが、人の生殖年齢は江戸時代と変わっていません。

 赤ちゃんのおおもとの女性の卵子は、35歳から45歳くらいの間に健全な卵としての寿命がきます。受精しにくかったり、受精しても妊娠までいかなかったり、それでみすみす妊娠のチャンスを逃している人が多いのです。

 出産時のトラブルや奇形児のリスクも大きくなります。医学の進歩の勘違いで『高齢出産』『高年出産』は現在死語になりつつあり、産科の世界では大きな問題になっています。


 治療に年齢制限はありません。

 問題は、本当の年齢よりも卵巣の年齢、すなわち卵巣の老化の程度です。卵が残っており、十分育てば治療可能です。ホルモン検査(採血)は必要ですが、卵管造影、内膜組織診は必要ありません。


 結論からいうと常識的には妊娠できません(他人の卵をもらえば妊娠できます)。
 生理があれば妊娠可能と思っている人もいますが、女性は閉経の10年ぐらい前より妊娠できなくなります。閉経平均は51才ぐらいですので、41~42才ぐらいが自分の卵で妊娠できる限界と思われます。しかし中には、55才ぐらいで閉経になる人もいますので、45才ぐらいでも妊娠できる人はいます。ただし、あくまでも"卵巣に妊娠できる元気な卵が残っている"事が条件です。  女性の卵は生まれる前から原子卵胞が存在し、年齢と同じだけ年を重ね、自分の出番を待っています。男性の精子はバクテリアのように分裂増殖を繰り返していますので、年齢はほとんど関係なく常に新しくなります。女性には妊娠の適齢期がやはりあります。
 男女平等ではありません。アメリカではキャリアウーマンは、若いうちに自分の卵を冷凍保存することもあります

 体温が高いのはそんなに気にしなくてよいと思います。体温はあくまで体温で卵巣の機能の反映でなく、黄体ホルモンとかかわりが深く、あまりあてになりません。
 妊娠できるかどうかは、やはり年齢がいちばん大きな要因となります。原始卵胞は35才ぐらいからどんどん減って45才ぐらいでなくなってしまいます。
 妊娠できるかどうかは、あなたの卵巣内に1人の人間になる元気な卵子がまだ残っているかにかかっています。
 出産までいけるかは、43歳ぐらいが限界です。44~45歳での妊娠は、ほとんど流産になります。



               
               
ページのトップへ