ホルモン療法の副作用が心配です

 多嚢胞性卵巣については、体外受精の時は注射で排卵させるため、卵が多くなりすぎる事はありますが、それほど問題になりません。現在ではメトホルミンやGnRHアンタゴニストを使って採卵することができるようになっています。
 ホルモン療法で本当に体がついていけないなら、妊娠のホルモンの変化には耐えられません。

不妊治療のQ&Aのカテゴリ一覧

​ ​


               
               
ページのトップへ