卵の質を良くする方法を教えて?

 逆に「いい方法があったら教えていただきたい」と思います。これこそ不妊専門医の究極の問題です。
 ずっと、いろいろなことを試してきましたが、現在、私なりに効果があると思っているのは2つです。
 一つはダナソール療法で、もう一つはサンビーマーです。
 以下は簡単な説明です。これ以外に採卵の方法を変えることも大切で、いろいろトライしています。サンビーマーについては、卵巣が血流で栄養・酸素・ホルモンの供給を受け、反応していることを考慮するとサンビーマー以外でもとにかく血流をよくすることが非常に良いことと思います(例えば、タバコをやめる、マッサージ、半身浴、運動など)。


○受精卵の質が悪かった場合
 妊娠するかどうかは、受精卵の質・生命力で決まります。子宮は受精卵の培養器に過ぎません。若い女性の卵子をもらえば、60才の高齢女性でもホルモン療法で子宮をよみがえらせ、見かけの妊娠、出産が可能であることは周知の事実です。しかし、卵を若返らせる事はほとんど不可能です。ですから、できる限り良い卵を採るためにいろいろ採卵法を変えています。
 簡単に他人の卵を使えない我が国では、できる限り卵の質を変えることを期待して、いろいろ努力してきました 世界的に認められた確実な方法はありません。しかし、以下の2つの方法を私は経験的に有効と考え、実践しています。これらの方法が有効だったと思われる多くの症例を見てきました。


①ダナソール
 本来は子宮内膜症の治療薬です。排卵をさせず、卵巣を休ませます。
 生理開始から2~3日から約3ヶ月間内服します。
 1ヶ月ごとに血液検査(肝機能検査など)を行います。


②サンビーマー
 遠赤外線治療法です。人体から放出されている波長と同一波長を照射することにより、体を内側から温める効果があります 皮下深部層の温度が上昇し毛細血管まで拡張されます。
 そのため、血行の改善や血液の浄化、リンパ液の改善などにつながり、排卵の誘発や卵胞の発育を促す、ホルモンのバランスを整える、といった働きが期待できます。
 1回の治療時間は20分、3周期を目安に毎日継続することをお勧めします。

不妊治療のQ&Aのカテゴリ一覧

​ ​


               
               
ページのトップへ