生理の量が減っています

 生理は子宮内膜がはがれて出てきたものです。生理の量が少ないということは、子宮内膜の量が少ない場合と子宮内膜が十分はがれない場合とがあります。ほとんどは子宮内膜が少ない場合です。
 子宮内膜は、主に卵胞ホルモン(エストロゲン)に反応して厚くなります(増殖期)。その後黄体ホルモン(プロゲステロン)に反応して着床のために変化します(分泌期)。十分なエストロゲンとプロゲステロンがあれば、通常は子宮内膜の量も多く、普通に生理があるはずです。
 卵胞の発育が不十分とか、あるいはうまく排卵していない場合やLUF(黄体化非破裂卵胞)の場合などは、その結果として生理の量が少なくなります。排卵がうまくいかなければ不妊の原因となります。そういう意味で不妊と関係があるといえるでしょう。

不妊治療のQ&Aのカテゴリ一覧

​ ​


               
               
ページのトップへ