卵子と精子を体外に取り出して受精させ、受精卵(胚)を子宮腔に移植する一連の操作をさす。
通常は卵子をたくさん採取するため調節卵巣刺激を行なう。


胎児が入っている子宮内の小さな袋。
妊娠判定後に超音波検査にて確認する。


排卵を予測して性交タイミングを指導する方法。
排卵の予測は、超音波による卵胞径の計測を主に行なう。
基礎体温、血中・尿中のLHを参考にすることもある。
通常、排卵誘発剤を使用することが多い。


胎児が2児以上の場合をさす。双子を双胎、三つ子を品胎と言う。
1児(単胎という)にくらべ、早産になりやすく、母体や胎児の死亡や疾患のリスクが高くなる。
移植胚数が多くなると発生しやすいため、現在原則1個の移植としている。


ホルモン検査にてFSHは正常だがLHがやや高値でLH-RHテストにてLHが過剰反応となり、男性ホルモンが高くなる。
また卵巣内に多数の卵胞が見られるが、うまく発育せず排卵障害が起こる。
体外受精では多数の卵胞ができやすく、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりやすい。


受精卵が子宮内膜に侵入し、母体との間で生物的な結合が成立した状態。
胎盤の基になる絨毛が成長し、絨毛ホルモン(HCG)が分泌されると妊娠判定が陽性になる。


周波数の高い音波を臓器に発信してその反射波をコンピューターで画像化する医療機器を使い調べる検査。
月経周期にあわせて卵胞の成長や排卵の時期、子宮の内膜の厚さや状態、子宮筋腫、卵巣嚢腫等をみる。


体外受精において卵胞の発育を見ながら排卵誘発剤を計画的に使用する方法。
主にGnRHアナログを使用し、排卵しないようにコントロールして行なう。
ロング法ショート法アンタゴニスト法がある。


男性ホルモンの一種。
女性でも分泌されるが多いと排卵障害の原因となる。


受精卵を液体窒素により凍結保存する。
体外受精での余剰胚の有効利用やOHSS(卵巣過剰刺激症候群)予防、子宮内膜調整による着床の改善などのために利用される。




               
               
ページのトップへ