調整された運動精子を卵子が入った培養液に入れ、受精させる操作。
一般的に体外受精といわれているのがこの方法となる。


受精(採卵)後5~6日目に胎児となる内細胞塊と胎盤になる外細胞層(栄養層)に分かれ胞状になった胚。採卵後5日目に胚移植することを「胚盤胞移植」という


卵胞が完全に成熟すると脳下垂体よりLHが多量に放出(LHサージ)され、卵胞が一部破裂して顆粒膜細胞に包まれた卵子が卵胞液とともに腹腔内へ排出されること。


排卵を促すために使用する注射や内服薬のこと。
注射にはFSH製剤HMG製剤HCG製剤、内服薬にはクロミフェンシクロフェニルなどがある。


性交後検査ともよばれる。
排卵日前後に性交してもらい、頸管粘液中の精子の数や動きをみる。
抗精子抗体(精子不動化抗体)の存在を推察する。


妊娠しても胎児が育たず、流産や早産をくりかえして生児が得られない場合。


胚が着床するためには胚を包んでいる透明帯という卵の殻から出なくてはいけない。
これを孵化と言うが、この孵化を補助するため胚移植前に透明帯を薄くしたり、開口する技術をさす。


腹部のへその近くにちいさく穴を開け、直径0.5~1cmの内視鏡という装置を腹腔内へ入れ、直接子宮や卵巣、卵管などの臓器を見ることにより、子宮内膜症の病状や卵管の形態、子宮周囲の状態などを診断する。
この検査中に卵管の通過性を見る通色素法を行なったり、軽度の癒着の剥離や子宮内膜病変の焼灼を行なったりする。


生殖年齢の男女が妊娠を希望して一定期間性生活を行なっているにも関わらず妊娠しない場合をさす。
一般的には1年と言われている。


受精した卵を胚という。
受精(採卵)後2~3日目の細胞分裂している卵をさす。


良性腫瘍。
子宮内膜にできると着床を妨げるため内膜掻爬術等にて除去する。


生殖に関与するホルモンを測定すること。血液にて測定する。
このホルモンは女性の場合は月経周期をつかさどり、男性の場合は精子生成に関与する。
当院において、女性ではFSHLHE2P4PRLTSHを測定し、男性ではFSHLHテストステロンを測定する。




               
               
ページのトップへ