夫が無精子症などのときに「夫以外」の精子を使い、人工授精させる方法です。


体外受精の胚移植の方法。
通常は胚移植が子宮腔内の上に戻すが、これに対して、特殊な針で子宮内膜の中に胚を埋め込む方法。


接合子卵管内移植(Zygote Intra-Fallopian Transfer : ZIFT)
体外受精・胚移植のかわりに行われる方法で、採卵翌日に受精を確認した状態で卵管に戻す方法です。


配偶子卵管内移植(Gamete Intra-Fallopian Transfer : GIFT)
体外受精・胚移植のかわりに行われる方法で、採卵当日に卵子と精子を合わせて卵管に戻す方法です。


【アンチミューラリアンホルモン】
生殖腺や生殖細胞の分化や機能維持に関与していると考えられる物質で、ミューラー管抑制因子(MIS)とも呼ばれていたもので最近、卵巣の予備能の評価指標の一つとして注目されるようになった。

抗ミュラー管ホルモンともいう。

アンチミューラリアンホルモンについての詳しいお話はこちら


アンチミューラリアンホルモンの検査(卵巣年齢検査)についてはこちら


【エストラジオール 卵胞ホルモン 卵胞の発育により出てくるホルモン 】
排卵が近くなったり、卵胞の数がたくさんになると上昇してくる また子宮の内膜を厚くしたり、頸管粘液を増やす。


【卵胞刺激ホルモン】
脳下垂体から分泌され卵胞の成長を促す。
女性では排卵障害や卵巣の反応性、男性では精巣機能障害を調べる。


【卵胞を発育させるためのホルモンのうちFSHを特に抽出した注射剤】
閉経後女性の尿から精製される製剤と遺伝子組み換えによるリコンビナント製剤とがある。
ゴナールエフなどがある。


【性腺刺激放出ホルモン】
LHFSHを分泌させるために脳の視床下部から出るホルモン。


【GnRHと似た作用をする製剤】
GnRHアゴニスト(イブセレキュア、スプレキュアなど)とGnRHアンタゴニスト(セトロタイドなど)の2種類がある。
GnRHアゴニストは作動薬で主に点鼻薬として投与し、投与はじめは多量の下垂体ホルモン(LH FSH)を放出させる(フレアーアップ現象)が、長期使用すると下垂体ホルモンの分泌が抑えられ、排卵を抑制する。
GnRHアンタゴニストは拮抗薬で注射薬として投与し、即効的に下垂体ホルモンの分泌を抑えることで排卵を抑制する。
体外受精での調節卵巣刺激子宮内膜症の治療に使用する。


卵胞を成熟させ排卵を促すためのホルモンの注射剤として使用する。HCGはヒト絨毛性性腺刺激ホルモンである。
本来排卵するためにはLHが分泌されるが、HCGはLHと構造が似ているので代わりをさせている。プレグニールなど。


【卵胞を発育させるためのホルモンの注射剤】
閉経後女性の尿から精製され、FSHLHが入っている。
HMGテイゾー®、HMGフジ®、フェリング®などがある。


【黄体化(黄体形成)ホルモン】
排卵をうながし、卵胞を黄体へ変化させる。


GnRHを注射する前後に採血し、LHFSHの変化から排卵障害の部位や卵巣の反応を予測する。


精巣上体の組織から精子を取り出すこと。
精巣上体は精巣でできた精子がいったん貯めておかれる臓器である。


【プロゲステロン 黄体ホルモン 排卵すると上昇するホルモン】
子宮の内膜を着床しやすい状態へ変化させるため、黄体機能をみたり、体外受精においては胚移植してもよい状態か調べるために測定する。


【プロラクチン 乳腺刺激ホルモン】
乳汁を分泌させるホルモンで、本来は分娩後授乳しているときに分泌される。脳下垂体腺腫では異常高値をしめす。
妊娠を望む女性が高値であると月経不順や排卵障害の原因になる。


精管から精子を取り出すこと。
精管は精巣上体から尿道まで精子を送り出す管である。


精巣(睾丸)組織から精子を取り出すこと。
現在は顕微鏡下で手術するMicrodissection TESE(MD-TESE)が主流である。


【甲状腺刺激ホルモン】
甲状腺ホルモンはかくれた不妊症の原因になる。




               
               
ページのトップへ