卵巣の予備能力を知り治療の可能性を探る検査


 いくつかのホルモン検査のなかでも近年、注目されているのがAMH(アンチミューラリアンホルモン)を測る検査です。AMHは抗ミュラー管ホルモンともいい、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。
 AMH値は、卵巣内にどれくらいの卵の数が残っているかを反映すると考えられています。
 男性の場合、精子はで作られていますので、いつも精子は新しく、いくつになっても精子は作られ、年齢の影響をほとんど受けません。
 一方、卵巣では卵子は作られておらず、生まれる前に作られた卵子が保存されているだけです。
 したがって生きた卵子はどんどん消滅して数がどんどん減少するとともに、年齢とともに卵子自体も年をとり古くなります。卵子の質は、その古さ、年齢の影響を直接受け、卵子の数も年齢とともにどんどん減っていきます。その数は年齢以上に個人差が大きく、いざ子供が欲しいと思った時に卵子がないということも起こり得ます。
 卵巣の予備能(卵巣内に残っている卵の在庫の目安)は今までのホルモン検査ではなくよくわかりませんでした。AMHはその指標であり、また他のホルモンと違い、月経周期のいつ測ってもよい血液検査です。
 「私はいくつだから大丈夫」ではなく、「私のAMHはいくつあるから大丈夫」というように正しい自分なりのAMH,卵巣予備能を知ってほしいと思います。
 みかけ若くても、卵巣の卵子が非常に早く減ってしまい、20代、30代で閉経する女性は多く見られます。また、寿命がどんどん長くなっても、女性の生殖年齢は昔と変わりません。
 卵巣予備能を知ることは、不妊治療がいつまでできるかの目安ともなります。AMHによって出る結果は、妊娠できるかどうかではなく、どんな治療であれば、残っている卵を有効に活用できるのかの判断に役立ちます。
 まずはAMHをチェックしてから、ご自身の人生設計を立てることをお勧めします。


年齢と卵巣予備能は必ずしも比例しない


 上記にも記載がありますが、AMH(アンチミューラリアンホルモン)とは、卵巣内にどれぐらい卵子の数が残っているか(卵巣予備能)を反映する数値です。
 いくら年齢が若くても、AMH値が低いケースは以外にあります。それだけに不妊治療を始める際にはまずAMHをはかる事が大切です。
 図は、年齢とAMH値の相互関係を表しています。
年齢とAMH
 基本的には、年齢が高くAMH値が低ければ治療自体が出来る時間は少なく、注射を打っても十分効かない為、排卵の誘発も簡易刺激法という薬を服用しての穏やかな方法しかできなくなります。
 一方で、年齢が20代でもAMH値が1ng/ml(ナノグラムミリリットル)以下の方も同様です。この場合は早発閉経といって、年齢が若いにもかかわらず、卵巣機能は実年齢以上に衰えていて、最悪の場合は20代でも30代でも閉経が起こってしまう事があるケースです。
 では、年齢が若くAMH値が高ければよいかというと、そうとも言えません。
 この場合、排卵が阻害されて、卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊原因となる多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)(PCOS)が疑われます。卵巣を過剰に刺激しないように刺激法を工夫し、採れた卵は一旦凍結して保存し、卵巣の状態を整えてからしか受精卵を戻すことができなくなります。
 このように年齢とAMH値の相関によって、不妊治療の方法も治療に費やせる時間も大きく変わります。


 

不妊治療に関するQ&A AMH編も合わせてご覧ください。



AMHについてはこちらでも紹介しております。



               
               
ページのトップへ